利用者が守られるために作られた

電子消費者契約法とは出会い系サイトのみならずインターネットを利用する人たちを守るために定められている法律であり、これによりインターネットの悪徳業者がかなり減ったと言われています。

それほどまでに多くの利用者が騙されてしまったのはインターネットがよく分かっていない状態で利用していたのと法律がなかったので悪徳業者がやりたい放題だったことで定められました。

電子消費者契約法のおかげでもうインターネット上で悪質な請求を受けても利用者はとりあえず守られる側になったといってもいいでしょう。では電子消費者契約法というのはどういったものかというとこれは利用者がキチンと理解して納得して購入したものなのか?というのを確認させようという法律です。

例えばお水を買う時に1本購入しようと思ったのが操作ミスで11本購入してしまったということってありますよね。これは利用者側のミスなのですが、それでもインターネットで商売をしている人からしてみれば何度も確認をさせなくてはいけません。

これは本当に11本購入なのですか?という確認ページを確認取らせていますよね。いきなり決済ではなくて必ず確認ページを設けたりしなければいけません。

他にはページを開いた瞬間にお金を請求するというワンクリック詐欺では悪徳業者が捕まってしまうようになっています。さらに無料と偽って実は有料だったと言うのも運営側が法律上無効にすることも出来ます。

インターネット上でサービスをする側は必ず電子消費者契約法に則ったサービスを行わないといけないのです。利用者は安心して利用できるように変わっていきましたし、悪徳業者から請求されたとしても払わないでいいのです。