シチュエーションも大事

相手とほどよくデートを重ねて向こうもデートに来てくれると言うことはそれだけ相手に好意を持っていると言うこといよいよ告白をして今の友達以上恋人未満の関係からきちんとした恋人関係になりたいと思ったら告白をすることになりますよね。

基本的に告白する側は男がするべきですよね。やはり男性が告白をして女性が告白を受けると言うのが一般的です。女性の場合もまっていなくて相手にどうしてもこの関係はどういった関係なの?って聞きたくてもやはり待っていると言う人が多いですよね。

女性を待たせるのではなくて男性は大体三回目のデートで伝えることが必要ですよね。一回目や二回目のデートで付き合ってと言われてもまだお互いにことも分からないし、自分の何が好意を持っているのかというのか分からないと思うしとりあえず誰でもいいから付き合いたいんじゃないの?って思われてしまうかもしれません。

三回目と言うのはお互いのことも分かってきますし、三回もデートをしているわけですから好意を持っているわけですから告白をするタイミングとしてはベストですよね。告白をするってものすごく緊張をしますよね。何回告白をしても何歳になっても緊張をするものです。

照れくさかったり、もし振られてしまったらと考えたら告白を照れ隠しではっきり言わなかったり、冗談半分で言うのは相手の好感を下げてしまうことになりますよね。告白をすると決めたら照れずにしっかりと真剣に気持ちを伝えるようにしましょう。

まずはキチンと相手に伝えるようにしましょう。また告白をするシチュエーションにもこだわっていきましょう。

雰囲気のいい夜景の場所だったり、イルミネーションが綺麗なところだったり、花火が上がっているところで伝えてもいいでしょう。

例え告白をして駄目だったとしても相手に自分の気持ちを真剣に伝えたら後悔をせずに終われますが、冗談半分で言うのは一番後悔をします。